男の子・女の子の産み分けはできる?赤ちゃんの産み分けについて

男の子・女の子の産み分けはできる?赤ちゃんの産み分けについて

 

不妊治療中は、赤ちゃんができればそれで満足、とは思うものの、やはり、性別も気になるところですよね。

 

女の子を産んで、可愛い服をいっぱい着せたいとか、息子とキャッチボールするのが夢とか、想像するだけでも、ワクワクしてしまいます。

 

また、跡取りに男の子が必要、という人や、男の子ばっかり産んだから、次は絶対に女の子が希望、という人もいることでしょう。

 

実際に、現代の医学で、産み分けは可能なのでしょうか。

 

100%の産み分けは遺伝子操作につながるため、日本では認められていませんが、少しでも希望の性別の子供を産む可能性を上げる方法は、色々なクリニックで指導されています。

 

ただ、不妊治療と併用することは、非常に難しいといわれています。

 

 

そもそも、赤ちゃんの性別は、男性の精子によって決まります。

 

精子には、女の子になるX精子と男の子になるY精子の二種類が存在します。

 

簡単に説明すると、産み分けとは、希望の性別になる精子が有利になる環境を整えることです。

 

逆にいうと、希望しない性別の精子が受精するのを邪魔するわけですから、妊娠する確率は、自ずから低くなってしまいます。

 

そのため、もともと妊娠しにくい体質の人が、産み分けに挑戦すると、さらに妊娠する可能性が低くなってしまうため、多くの病院では、二人目以降の産み分けを勧めています。

 

不妊治療と男女産み分け法

とはいうものの、不妊に悩み、将来何人も子供が持てないかもしれないからこそ、希望の性別の赤ちゃんを産みたい、という人も少なくないのかもしれません。

 

病院の中には、不妊症と並行して、産み分けの指導をしてくれるところもありますので、どうしても、という人は、一度、そういった病院に相談してみるとよいでしょう。

 

産み分けの方法の一つに、排卵日を調節するやり方があります。

 

これは、X精子は、動きが遅く寿命が長い、Y精子は、動きは速いが寿命が短い、というそれぞれの特徴を利用した産み分け法です。

 

超音波検査の際、卵胞の成熟度を判定し、女の子を希望する場合は、排卵日より2日ほど早めに性交をします。

 

男の子を希望する場合は、排卵日を狙って、性交を行います。

 

通常、不妊治療のタイミング法や人工授精では、排卵日を狙うため、どちらかというと、男の子が生まれやすいともいわれています。

 

女の子を希望する場合は、わざと排卵日を外すことになりますので、不妊症でなくても、妊娠までに多くの時間がかかると考えられています。

 

不妊治療の中で、産み分けと大きく関わりがあるのが、パーコール法といわれる人工授精法です。

 

これは、X精子とY精子の重さの違いから、X精子を選別して、人工授精を行うことになりますので、女の子の生まれる確率が、80%近くまで上がるともいわれています。

 

ただ、パーコール法は2006年まで禁止されていたという過去もあり、積極的に行っているクリニックは非常に少ないというのが現状です。

関連記事一覧


このページの先頭へ戻る