不妊の原因となる高プロラクチン血症とは?

不妊の原因となる高プロラクチン血症とは?

 

ホルモンの影響で不妊になってしまう例の一つに、高プロラクチン血症があります。
妊娠中から出産後にかけて、女性のからだは、赤ちゃんにたくさんの乳汁を与えるため、授乳の準備を行います。

 

授乳期間中には、脳下垂体から分泌されるプロラクチンといわれるホルモンが、大量に分泌され、乳腺を発達させ、乳汁をどんどん作り出します。
ところが、このプロラクチンの血中濃度が、授乳中でもないのに、高くなってしまうことがあります。
これを高プロラクチン血症と呼んでいます。

 

どうして、この高プロラクチン血症が、不妊の原因になるかというと、プロラクチンには、排卵を抑制する働きもあるからです。
産後、女性の子宮は、赤ちゃんが授乳の際に、乳首を刺激することで、子宮収縮を起こし、妊娠前の状態に、回復していきます。

 

まだ、授乳期間中に、次の赤ちゃんを妊娠してしまうと、この子宮収縮作用により、早産してしまう恐れがあります。
そのため、プロラクチンは、授乳のための乳汁づくりと同時に、排卵抑制の指示も出しているのですね。

 

 

高プロラクチン血症の原因の対処法

それでは、高プロラクチン血症は、何が原因で起こるのでしょうか。
まず、一つは、脳に腫瘍が出来ているケースです。
非常に珍しいケースですが、悪性の場合もないとはいえませんので、授乳中でもないのに、乳汁が出たり、視野狭窄、めまいなどがある場合は、すぐに検査が必要でしょう。

 

次に、その他のホルモンと同様に、ストレスによる異常です。
プロラクチンは、同じ日でも、昼と夜とでは、全く違う値が出る場合もありますので、その辺りにも、注意して調べなければなりません。

 

その他にも、甲状腺の機能低下などが原因となることもあります。
また、胃薬や抗うつ剤などによって、数値が高くなっている可能性もあります。

 

他の病院にかかっている場合には、服用している薬剤名を全て医師に告げてから、検査を受ける必要がありますね。

 

その他にも、中絶や流産などが原因になることもあったり、原因不明の場合も多くあるようです。
治療法としては、薬を飲むことによって、プロラクチンの分泌を抑える場合が、ほとんどです。
大きな腫瘍がある場合には、外科的な手術が行われるケースもあります。

関連記事一覧


このページの先頭へ戻る