電話で相談できる不妊専門相談センターについて

電話で相談できる不妊専門相談センターについて

 

不妊の悩みは、親しい友人や、親、兄弟にも相談しにくく、独りで抱え込んでしまい、気分が沈んでしまうということもよくあるでしょう。

 

身近に、不妊の話ができる人がいないという人や、専門的なアドバイスを聞きたいという人にぴったりなのが、不妊専門相談センターです。

 

これは、厚生労働省の不妊対策事業の一環で、不妊に悩む男女のため、情報提供の機関として、全国の都道府県や、政令指定都市、中核市が設置しているものです。

 

平成25年7月1日の時点では、全国に、62か所あり、厚生労働省の目標としては、平成26年度には、全都道府県等に設置したいとしています。

 

具体的な、相談方法や、相談できる時間帯などは、各地の不妊専門相談センターごとに異なります。

 

現在のところ、電話での相談や、面接での相談を行っているセンターがほとんどです。

 

ネットの利用が増えてきたことに対応するため、メールで相談できる所もあります。

 

実施している場所も、保健所や大学病院など様々です。

 

平日の昼間しか相談できない所も多いですが、中には、土日や夜間の相談に応じているセンターもあります。

 

くわしくは、厚生労働省のホームページで確認してみてくださいね。

 

厚生労働省 不妊専門相談センター一覧

不妊専門相談センター事業の概要

 

東京都 不妊・不育ホットライン
電話番号 03−3235−7455
毎週火曜日 午前10時から午後4時まで(祝日、年末年始を除く)

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kodomo/sodan/h_soudan.html

 

大阪府 不妊・不育にまつわる電話相談
電話番号 06−6910−8655
水曜日 午前10時から午後4時まで(第5水曜日、祝日、年末年始を除く)
第4土曜日 午後1時から午後4時まで(4月、8月、12月を除く)

http://www.pref.osaka.jp/kenkozukuri/boshi/funin.html
http://www.ogef.jp/funin-osaka/index.html

 

不妊専門相談センターを有効に利用しよう!

不妊専門相談センターは、開設されている時間帯などによって、使いにくい面もありますが、平成9年度は2000件にも満たなかった相談件数が、平成24年度には2万件を超えるほど、利用者数が急増しています。

 

やはり、この背景には、不妊に悩む夫婦が急速に増えていることがあると考えられます。

 

 

不妊治療中は、身体面だけでなく、精神面でも、辛いことの連続です。

 

また、現在の治療方針や今後のステップアップ等、第三者の専門的な意見を聞いてみたい場合もあるでしょう。

 

不妊専門相談センターを上手く活用し、不妊治療のストレスを少しでも軽減できると良いですね。

関連記事一覧


このページの先頭へ戻る