不妊治療に最適な病院選び、必ずセカンドオピニオンの医者をつけよう

不妊治療に最適な病院選び、必ずセカンドオピニオンの医者をつけよう

 

不妊治療ができない産婦人科医がいる、と聞いたら、皆さんは、少し驚いてしまうでしょうか。

 

「産婦人科」とひとまとめにしていますが、元々は、産科と婦人科は、大きく分野が異なります。

 

産科は、まさに、「お産」が専門ですので、不妊は婦人科に分類されます。

 

それなら、婦人科医であれば、不妊治療は得意分野かというと、必ずしも、そうとは限りません。

 

婦人科も、子宮がんや卵巣がん、子宮筋腫、性感染症や思春期外来など、その診察内容は非常に多岐に渡っています。

 

長年、婦人科で働いているドクターであっても、不妊治療は全くの専門外で、最新の知識はほとんど持ち合わせていないという人も、少なからず存在するのです。

 

たまたま、近くにあるから、という理由だけで、通院を始めた病院に、このようなドクターしかいなければ、大切な妊娠可能期間を無駄に消費してしまうことになります。

 

不妊治療の成功の可否は、病院や医者選びにある、といっても過言ではないのかもしれませんね。

 

不妊治療の病院・医者の選び方

それでは、不妊治療を受ける病院や医者は、どのように選べばよいのでしょうか。

 

不妊治療は、場合によっては、1週間に何度も病院に足を運ばなければならないことも多々あります。

 

近さだけで決めてしまうのは、非常に危険ですが、まずは、通院可能圏内にある病院をリストアップしてみましょう。

 

そして、その中に、不妊専門のクリニックがないか、探してみましょう。

 

先ほど述べた、医者の専門の問題はもちろんですが、それ以外にも、不妊専門クリニックには、色々とメリットが存在します。

 

例えば、普通の産婦人科であれば、妊婦健診なども同じ施設内で行われることになります。

 

自分は不妊治療に通っているのに、隣で若い夫婦が赤ちゃんの超音波画像を見て、大声で笑っていたため、その場に居づらかった、という声は、非常によく耳にします。

 

不妊専門クリニックの方が、不妊症に関する最新の情報も、私たちの手元に届きやすく、高度な生殖医療技術を使った治療が受けられるということもあるでしょう。

 

相性が悪ければ、セカンドオピニオンや転院・転医も考えて!

しばらく通院を続けると、医者との相性が悪かったり、病院の雰囲気が自分には合わないと感じることもあります。

 

そのような場合は、勇気を出して、セカンドオピニオンを受けるため、他の病院を受診してみることをおすすめします。

 

不妊治療は、特にメンタルの面が、肝心な要素となってきます。

 

毎回見てもらうドクターが信頼できなければ、どんなに頑張ったところで、効果的な治療を受けることはできないでしょう。

 

不妊治療は、お金もたくさんかかります。

 

残された時間だって限られているのです。

 

タイムリミットが来たときに後悔することの無いように、検査や治療に不安を感じたら、思い切って転院・転医を考えてみるのも、良いことなのではないでしょうか。

関連記事一覧


このページの先頭へ戻る