不妊治療は高い?治療の種類によって変わる費用について

不妊治療は高い?治療の種類によって変わる費用について

 

不妊治療は、肉体的にも精神的にも、非常に辛いものですが、それに加えて、経済的な負担も、想像以上に重くのしかかります。

 

その原因の一つに、不妊治療には保険が適用されないということがあります。

 

普段、風邪を引いたときなどには、あまり深く考えずに、窓口で言われた治療費を支払っているかと思います。

 

大抵の場合、保険診療となっていますので、本来の治療費の3割程度の負担金で済んでいます。

 

仮に、診療費や検査費、薬代などを合わせて、3000円支払ったとします。

 

この場合、もしも、保険が適用されず、全て自費で支払うのであれば、9000円必要であったということになります。

 

保険診療と自費診療では、大きな差があることがわかりますよね。

 

不妊治療の中でも、保険が適用されるものはありますが、高度生殖医療になってくると、ほとんど自費になってしまいます。

 

そのため、人工授精であれば、最低でも、2〜3万円、体外受精になると、30万円程度、顕微授精では、50万円ほどもかかってしまうということになるのです。

 

また、それ以外にも、漢方薬を飲んだりといった費用もかかってきますので、気が付けば、あっという間に、100万円以上のお金を使ってしまったということも、決して珍しくはありません。

 

 

不妊治療にかかる費用の平均は?

あるデータによると、不妊治療の初年度には、平均30万から40万円ほどであった費用が、2年目になると、ステップアップなどに伴い、80万から90万円程度にまで、一気に跳ね上がるともいわれています。

 

不妊に悩む女性もよく利用するといわれるサイト、「ジネコ」を運営する会社が行った調査によると、不妊治療の末、妊娠した女性の平均治療費は、約140万円を超えるという結果が出ました。

 

顕微授精まで行った人の場合は、約170万円近くにも上りました。

 

ただ、この調査は、2、3年の治療期間を経て、無事妊娠した人の数値です。

 

この平均値を元に考えると、妊娠できないまま、治療が5年、6年と続くと、あっという間に1000万円の大台を超えることも、想像に難くありません。

 

また、年数がかかれば、その分、年齢も上がっていき、妊娠率も下がってしまいます。

 

40代半ばの体外受精の成功率は、1%ほどともいわれていますので、1回に30万〜40万円かけて体外受精を行ったとすれば、単純計算では、妊娠するために、3000万円から4000万円もかかってしまうということになります。

 

このため、現実的には、経済的な理由で治療をあきらめる女性も、後を絶ちません。

関連記事一覧


このページの先頭へ戻る