出産適齢期をご存知ですか?年齢による不妊について

出産適齢期をご存知ですか?年齢による不妊について

 

最近は、女性の社会進出に伴い、「結婚適齢期」という言葉も、死語になってきました。

 

芸能界だけでなく、職場で周りを見渡しても、年齢以上に若く美しい女性が増えてきて、恋愛ももちろん現役、結婚だってこれから、という頼もしい女性が巷にあふれていますよね。

 

けれども、実は、一つ、大きな落とし穴があります。

 

「結婚適齢期」はなくなってしまっても、「出産適齢期」は存在するのです。

 

そう聞くと、閉経を迎える50歳ごろになったら、さすがに「出産適齢期」を過ぎてしまうだろうから、20代にはキャリアを積んで、30代前半に婚活、35歳ごろに結婚して、数年、夫婦二人でゆっくりしたあと、40歳までに一人ぐらい産めば、「出産適齢期」には十分間に合うわ、と考える人も多いのではないでしょうか。

 

でも、残念ながら、それは間違いです。

 

30歳と35歳、40歳では、不妊になる確率が、明らかに異なっているのです。

 

卵子の老化は止められない?!

「卵子は老化する」という話を聞いたことがあるでしょうか。

 

数年前、NHKのクローズアップ現代で取り上げられ、大きな波紋を広げました。

 

実は、現代の女性が、いかに若々しくなったとしても、卵子の老化は止められません。

 

多くの人が勘違いしているのですが、卵子は、精子とは違い、毎回、生理のたびに作られるのではありません。

 

卵子は、まだ私たち女性が、胎児だったころ、母親の子宮の中で、全て作り出されて生まれてきます。

 

つまり、卵子の年齢は、私たちの年齢プラス1歳です。

 

そして、現在の医学では、この卵子を若返らせることはできません。

 

お化粧をしても、エステに通っても、間違いなく、年々、卵子は老化していきます。

 

そして、この卵子の老化に伴い、妊娠できる確率は、着々と下がっていくのです。

 

あるデータでは、30歳のころまでは、30%程度あった自然妊娠率が、35歳では20%を切り、40歳では5%ほどにまで落ち込むともいわれています。

 

この数字を聞くと、「まだまだ子供はいらないし…」と悠長に構えていた昔の自分を恨みたくなるという人も、少なくなさそうです。

 

とはいうものの、いつまでも嘆いてばかりはいられません。

 

もちろん、焦りすぎはよくありませんが、思い立ったが吉日と、少しでも早く、不妊の検査を受け、止められない卵子の老化に抗う不妊治療を始めなければなりませんね。

 

女性だけではない!精子も年齢とともに劣化する?!

年齢と不妊のリスクについては、何も女性だけに限られた話ではありません。

 

男性の精子も、やはり年齢とともに、質が低下すると考えられています。

 

また、一説によると、男性の加齢は、流産する確率を上げてしまうという報告もあります。

 

女性と違い、精子は、機能上、一生涯、作り続けられるものではありますが、やはり少しでも早く、妊活を始めるにこしたことはなさそうですね。

関連記事一覧


このページの先頭へ戻る