漢方療法は不妊治療に効果的、漢方の種類と効果

漢方療法は不妊治療に効果的、漢方の種類と効果

 

人工授精や体外受精など、西洋医学の最先端を行く不妊治療で、「漢方療法」と聞くと、何か古めかしく感じるかもしれません。

 

けれども、不妊治療に漢方を利用するのは、それほど珍しいことではありません。

 

日本でも有数の不妊専門のクリニックでも、漢方を処方されることはよくあります。

 

というのも、不妊症の中には、機能性不妊症のように、不妊の原因が不明といったケースが多くあるからです。

 

現代の西洋医学は、原因がわかっていることに対して、投薬や手術することは得意としていますが、原因がわからないものに対して、漫然と対策を講じるのは、非常に苦手です。

 

そういった現代医学の限界を補うのが、漢方療法であると考えられています。

 

例えば、ホルモンバランスの悪化による排卵障害の場合、確かに、注射や飲み薬等によって、排卵を起こすことは可能です。

 

ただ、ホルモンバランスを崩した原因を追究せずに、排卵誘発ばかりを行っていては、女性のからだにさらに大きなストレスをかけてしまうことにもなりかねません。

 

過剰刺激によるOHSS(卵巣過剰刺激症候群)や多胎妊娠のリスクもあります。

 

その点、漢方療法は、ホルモンバランスを崩した原因である、ストレスや冷え症などに焦点を当て、虚弱体質の改善や、慢性的な冷えを取り除くことに効果があると考えられています。

 

もちろん、漢方療法のみでは、妊娠できない人も多くいるのは事実ですが、不妊治療に上手に組み込むことによって、一定の効果が得られると考え、積極的に漢方薬を処方する病院も増えてきました。

 

不妊治療に用いられる漢方薬の種類と効果

 

漢方療法に用いられる漢方薬のうち代表的なものをいくつか見ていきましょう。

 

@ 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

 

冷え症のある女性によく用いられる漢方薬です。

 

卵巣機能の向上にも効果があるといわれています。

 

A 芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)

 

高プロラクチン血症の女性が服用すると、プロラクチンの値に変化が見られたという実証があります。

 

B 加味逍遥散(かみしょうようさん)

 

ストレスからくる生理不順や生理痛に効くといわれています。

 

心を落ち着ける効果があります。

 

C 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

 

虚弱体質の男性に効果があるといわれています。

 

精子の運動率を上げ、受精を促します。

 

D 八味地黄丸(はちみじおうがん)

 

男性不妊に使う漢方薬です。

 

精子の数や質を高めるとされます。

 

D 柴苓湯(さいれいとう)

 

高リン脂質抗体症候群という免疫疾患による習慣流産、不育症に効果があると考えられています。

 

漢方療法にかかる費用は?

漢方療法にかかる費用は、漢方薬をどこで処方されるかによっても大きく異なります。

 

不妊を専門とする病院で、治療の一環として出される場合、保険が適用されることもあり、そのケースであれば、1周期に数千円程度で服用することが可能です。

 

最近人気の漢方薬局の場合、自費での支払いとなりますので、1周期に数万円かかることになるでしょう。

 

その分、きめ細かな相談に応じてくれるといわれています。

 

ただ、通院している病院とは別に、漢方療法を行う場合、薬の種類によっては、西洋薬との飲み合わせ等、治療の妨げになることもありますので、注意が必要です。

 

関連記事一覧


このページの先頭へ戻る