不妊治療で必ず行わなければなららない薬物療法

不妊治療で必ず行わなければなららない薬物療法

 

不妊治療のため、病院を訪れると、まずは、数々の検査を受けることになります。

 

そして、多くの場合、発見されたトラブルに応じた薬物療法から、治療をスタートすることになります。

 

たとえ、不妊の原因が不明であっても、妊娠の確率を少しでも上げるため、排卵誘発といった薬物療法を試みることもよくあります。

 

また、薬物療法だけを単独で行うことは少なく、タイミング法などと組み合わせて、妊娠の可能性を高める場合がほとんどです。

 

人工授精や体外受精といった高度生殖医療にステップアップした後も、薬物は引き続き使用されることになるでしょう。

 

このように、不妊治療にとって、薬物療法は、欠かせないものとなっています。

 

薬物療法の種類

薬物療法には、内服薬、注射薬、点鼻薬等が使用されます。

 

不妊治療における薬物療法の代表格が、排卵誘発です。

 

排卵誘発とは、排卵が上手く行われない場合や、行われていてもより質の良い卵子が必要な場合に、排卵誘発剤を投与することをいいます。

 

排卵誘発剤により、卵巣が刺激され、卵子が成熟し、正常な排卵がなされることになります。

 

次に、よく用いられるのが、プロゲステロン(黄体ホルモン)の補充を行う薬物療法です。

 

これにより、着床率を上げることができ、着床後も妊娠を継続できる可能性が高まります。

 

また、体外受精などの際に、自然に排卵してしまうことを防ぐために、投与されることもあります。

 

その他にも、必要に応じて、炎症を抑える抗生物質やホルモンバランスを整えるビタミン剤等が用いられることもあります。

 

気になる!薬物療法の費用

薬物療法の費用については、保険適用になるか、自費になるかによって異なってきます。

 

検査の結果や、診断結果によって、どちらになるかが決まりますので、詳しくは医師に確認する必要があります。

 

一般的には、例えば、排卵誘発剤の場合、排卵が行われていないといったケースでは、保険適用となります。

 

排卵は正常に行われているけれども、もっと質の良い卵子が欲しいといったケースでは、自費となるでしょう。

 

また、自分自身の状態によっても、注射の本数や薬剤の量が異なってきますので、それによってかかる費用も大幅に変わります。

 

飲み薬のみであれば、1周期あたり、数百円から1000円以内ということが多いようです。

 

注射を月に何本も打つことになると、1万円以上の費用がかかることもあります。

関連記事一覧


このページの先頭へ戻る