精路通過障害による射精障害について

精路通過障害による射精障害について

 

精子は正常に作られているのに、射精された精液中に、精子が見られない、あるいは、少ししか存在しない場合があります。

 

もともと精子は、睾丸内で作られ、一旦副睾丸にためられます。

 

そして、射精のときになると、精管を通過して、体外へと発射されることになります。

 

この過程で、精子を作る機能に問題がなくても、精管に問題があると、せっかく作られた精子が射精されず、男性不妊になってしまう、というわけです。

 

精子の検査で、無精子症がわかった場合、このような精路通過障害によってなのか、精子の製造過程に問題がある造精機能障害によって、精子がない状態であるのかを見極める必要があります。

 

精路通過障害による無精子症を閉塞性無精子症、造精機能障害による無精子症を非閉塞性無精子症(機能性無精子症)と呼び分類しています。

 

精路通過障害の原因と治療法

精路通過障害の原因はいくつか考えられます。

 

@ 先天性精管欠損

 

男性不妊に悩む人のうち、1〜2%ほどは、生まれつき、精管が欠如していたり、欠損していたりすると考えられています。

 

精管は左右両方にありますが、その双方が欠如、欠損しているケースと、片方だけにトラブルがあるケースにわかれます。

 

たとえ精管が先天的に欠損していても、精子が存在すれば、顕微授精等によって、受精卵を得ることは可能です。

 

ただ、長年、精管に欠損があると、精子を作る機能も低下している場合がよくありますので、注意が必要です。

 

A炎症による通過障害

精管や精巣上体などが炎症を起こし、精管がふさがってしまうことにより、精子が通過できなくなることもあります。

 

炎症の原因は、クラミジアなどの性感染症や結核など細菌感染によることが多いです。

 

まずは、抗生物質で炎症を取り除くことになります。

 

炎症が治まっても、精管の閉塞が見られる場合は、手術によってつまりをなくすこともあります。

 

それでも、通過障害を起こす場合は、顕微授精等の適用になるでしょう。

 

精巣上体炎や精嚢炎、前立腺炎などは、発熱や排尿痛といった自覚症状を伴います。

 

手遅れになる前に、病院を訪れましょう。

 

B 逆行性射精

本来、陰茎へと向かうべき精子が、膀胱の方へ逆行してしまう症状をいいます。

 

糖尿病などが原因ともいわれていますが、はっきりとしたことはわかっていません。

 

軽度の場合は、服薬によって治療しますが、重度の場合は、人工授精や体外受精へとステップアップすることになります。

 

C 鼠径ヘルニア

鼠径ヘルニアの手術を受けている場合、精管閉塞している可能性が高いといわれます。

 

特に、小児鼠径ヘルニアに罹り、子供の頃に手術を受けている場合、約10人に1人ほどの割合で精管に問題があるというデータもあるといいます。

 

病院でも、手術を受けた病気について質問されると思いますので、どのような既往歴があるのか、確認しておきましょうね。

関連記事一覧


このページの先頭へ戻る