女性の源、女性ホルモンの種類とからだのコントロール

女性の源、女性ホルモンの種類とからだのコントロール

女性ホルモンという言葉はよく耳にしますよね。
何となく女性にとって大切なものなんだろうな、ということは、名前からも簡単に予想できますが、実際には、どのようなホルモンが、どんな働きをしているのでしょうか。

 

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの二種類があります。

 

それぞれ、卵胞ホルモン、黄体ホルモンとも呼ばれています。

 

これらのホルモンは、どちらも、毎月の生理や妊娠と深く関わっているということは、皆さんよく知っていますよね。
特に、エストロゲン(卵胞ホルモン)は、排卵までの卵胞期に多く分泌されます。
女性のからだを特徴づけているホルモンであるといっても、過言ではありません。

 

プロゲステロン(黄体ホルモン)は、黄体期に、子宮の内膜を柔らかくしたりしながら、女性のからだを、妊娠しやすいものに整えようとするホルモンです。
妊娠を安定させるためには、なくてはならないホルモンといえますね。

 

女性ホルモン以外にも大切なホルモンが!

女性ホルモン以外にも、女性のからだにとって重要なホルモンはたくさんあります。
例えば、エストロゲンの分泌を促したりもする卵胞刺激ホルモンや、プロゲステロンの分泌を促進する黄体形成ホルモンは、どちらも脳下垂体から分泌される大切なホルモンです。

 

さらには、この二つのホルモンを刺激する性腺刺激ホルモン放出ホルモンも存在します。
これは、卵巣から、女性ホルモンの分泌量のフィードバッグを受け、脳の視床下部と呼ばれるところから分泌されます。

 

つまり、女性ホルモンの量が少ないな、というときは、たくさん分泌され、また、逆に、多いときには、分泌量を抑えることによって、女性のからだをコントロールしているというわけですね。

 

これ以外にも、妊娠が成立した後には、分娩、出産を促し、乳汁の分泌を促すオキシトシンや、乳汁を作るともいわれているプロラクチンなど、本当に数多くのホルモンが、生理、排卵、妊娠、出産、授乳といった、女性の大切なからだの働きを支えています。

関連記事一覧


このページの先頭へ戻る