妊娠しやすくなる子宮頸管粘液の役割

妊娠しやすくなる子宮頸管粘液の役割

 

子宮頸管が原因となる不妊症の中で、最も多いとされているのが、子宮頸管粘液のトラブルです。

 

実に、不妊症の原因のうち、約15%を占めるともいわれています。

 

皆さんも、実体験として、生理の周期に合わせて、おりものの量や形状が変わることは知っていると思います。

 

普段、私たちの膣内は、細菌に強い酸性に保たれています。
おりもの、すなわち、子宮頸管粘液は、精子までも殺してしまわないように、膣内をアルカリ性に傾ける役割を果たします。

 

排卵の時期が近づくと、子宮頸管粘液が増えるのには、このような役目があるからなのです。

 

そして、子宮頸管粘液の仕事はこれだけではありません。
排卵前に、量を増やし、粘り気を少なくすることで、精子の動きを助ける働きも担っているのです。

 

この子宮頸管粘液は、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌によって調整されています。
そのため、ホルモンバランスが変調をきたすと、排卵日になっても、子宮頸管粘液が大量に分泌されず、サラサラにもならないため、精子が通過できないということになってしまいます。

 

また、不妊治療の中で、排卵誘発をするために、クエン酸クロミフェン製剤を長期間にわたって使用していると、その副作用として、子宮頸管粘液の分泌量が極端に少なくなるともいわれています。

 

ただ、この子宮頸管粘液の異常の場合、人工授精の成功率が高いというデータもあります。
人工授精では、精子を子宮に直接注入しますから、精子は子宮頸管を通る必要がありません。

 

そのため、特に、精子や卵子に問題がなく、子宮頸管粘液不全だけが原因の不妊症の場合は、人工授精によって妊娠しやすくなるというわけです。

 

クラミジアによる子宮頸管炎に注意

クラミジアや淋病などの性病が原因で、子宮頸管炎を起こしている場合も、不妊症の原因となってしまいます。

 

たとえ、妊娠したとしても、早産の危険性も高まります。

 

そして、恐ろしいことに、無事出産のときを迎えたとしても、炎症が続いていると、子宮頸管を通って出てくる大切な赤ちゃんにまで、感染させてしまう危険性もあるのです。

 

人工中絶や流産などの後も、子宮頸管炎になりやすいといわれています。

 

子宮頸管粘液に、何らかの異常がある場合は、少しでも早く、病院に行くことが大切です。

関連記事一覧


このページの先頭へ戻る