卵管が詰まってしまう卵管因子による不妊

卵管が詰まってしまう卵管因子による不妊

 

卵管は精子と卵子が出会うところ
卵管因子による不妊は、女性の不妊原因の30%から35%もの割合を占めるともいわれています。

 

子宮や卵巣が妊娠に関係するということは、誰もがよく知っていることですが、卵管が不妊症の原因と説明されても、ピンとこない人も多いのかもしれません。

 

皆さんは、精子と卵子が女性のからだのどこの部分で出会うか、ということを知っているでしょうか。

 

子宮と思っている人も少なくありませんが、実は、精子は、子宮を通り過ぎ、卵管にまで到達して初めて、卵子と出会うことになるのです。

 

もともと卵管は非常に細く、最も狭まっている部分では、1mm程度であるとされています。

 

そのため、感染などにより、閉鎖、狭窄しやすく、そうなってしまうと、精子が通過することができなくなってしまうのです。

 

また、受精卵となった後も、卵管で細胞分裂を繰り返しながら、また、子宮へと戻っていくことになりますので、この場合も狭いと不都合だということになりますね。

 

卵管障害の原因と治療法

卵管が閉鎖、狭窄してしまう原因は、いくつか考えられます。

 

クラミジア等の性感染症の既往歴がある人は、注意が必要です。

 

また、キャッチアップ障害とも深く関わりのある卵管留水腫、最近、若い女性に増えてきているといわれている子宮内膜症も卵管因子の不妊症の原因となります。

 

生理以外に不正出血があったり、生理痛が非常に重い場合は、これらの病気の可能性があります。

 

その他にも、先天的に卵管が細い場合もあります。

 

治療法としては、薬物治療や通水治療、卵管形成の手術などが行われます。

 

卵管を利用せずに妊娠を目指すため、体外受精を視野に入れた対策が必要となることも多いでしょう。

 

卵管に詰まりがあるかどうかを調べるために行われる子宮卵管造影検査は、痛みを伴うということで有名ですが、詰まりを取り、卵管の通りを良くするという治療効果も期待できます。

 

非常に痛いと噂されている子宮卵管造影検査ですが、その痛みの原因は、卵管が狭窄していたり、閉鎖していたりするためだ、ともいわれます。

 

造影検査の後、数か月間は、妊娠のゴールデン期ともいわれるほど、妊娠率がアップしたという体験談もよく耳にしますね。

 

油性造影剤を利用し、モニターを見ながら行う病院であれば、痛みが軽減するともいわれます。

 

また、検査を行うドクターによっても、痛みが違うともされています。

 

辛い検査ですが、不妊治療の早い段階で受け、卵管因子による不妊症であるかどうかを調べておくことで、今後の対策が取りやすくなるでしょう。

関連記事一覧


このページの先頭へ戻る