キャッチアップ障害、卵子と精子が受精できない

キャッチアップ障害、卵子が精子が受精できない

 

キャッチアップ障害は、ピックアップ障害、卵管采不全とも呼ばれるものです

 

通常、卵巣内で成熟した卵子が、排卵の時を迎え、腹腔内に飛び出ると、まるで手のように伸びた卵管采が、卵子を上手にキャッチしてくれます。

 

ところが、キャッチアップ障害の場合、これが上手くいかず、卵子は、卵管に入ることができません。

 

取りこぼされてしまった卵子は、腹腔に落ちてしまい、やがて消えてしまいます。

 

一方、精子の方は、卵管内で、卵子を待ち受けていますから、精子と卵子は会うことができず、妊娠は成立しないというわけです。

 

 

原因不明の不妊症の多くはキャッチアップ障害かも?!

最近、いくら一般的な検査をしても、不妊の原因がわからない不妊症カップルが増えてきているといわれています。

 

これに対して、専門医たちの間では、原因不明の機能性不妊の大多数は、このキャッチアップ障害なのではないか、という説が有力視されています。

 

というのも、このキャッチアップ障害は、通常の血液検査や超音波検査では、全く発見することができず、麻酔や入院を必要とする腹腔鏡検査によってしかわからないからです。

 

人工授精までやったのに妊娠できないという場合や、一人目はすんなり妊娠できたのに、二人目は妊娠できないといった二人目不妊の場合で、不妊の原因が掴めないときは、キャッチアップ障害を疑ってみる必要があります。

 

 

キャッチアップ障害の原因と治療法

キャッチアップ障害の原因は、クラミジア感染や子宮内膜症による卵管炎や卵管周囲癒着、卵管采癒着といわれています。

 

また、加齢も遠因になるのではという説もあります。

 

根本的な治療のためには、手術が必要となります。

 

キャッチアップ障害が原因と思われる不妊症に対しては、卵管内から飛び出る卵子の数が一つでも多ければ、卵管采がキャッチできる可能性が上がるかもしれないということで、複数個の排卵誘発が行われるケースも多いようです。

 

また、卵管采によるキャッチアップだけが原因であり、卵子や子宮、精子等に問題がなければ、体外受精によって妊娠できる可能性が高いと考えられています。

 

早い時期にステップアップして、体外受精に挑戦してみるのも、有効な方法であるといえるでしょう。

関連記事一覧


このページの先頭へ戻る