不妊の治療は食生活の改善から!

不妊の治療は食生活の改善から!

 

不妊症の原因の一つに、食生活があるといわれています。

 

私たちのからだは、食べ物を食べることで、維持されています。

 

口から摂取した物が、まさに、血となり肉となるわけですから、食生活が重要なのは、私たちの健康にとって、当然のことだといえるでしょう。

 

そして、その中でも、とりわけ不妊症については、食生活との関係が非常に密接である、という研究が、アメリカのハーバード大学によって、発表されています。

 

とはいうものの、毎日忙しくて、ファストフードや出来合いのお惣菜ばかり、という人も、少なくないのかもしれません。

 

ただ、不妊治療の末、妊娠することができたら、最近は、必ずといっていいほど、妊婦健診や妊婦教室で、食生活を是正するよう指導を受けます。

 

また、無事出産をすれば、今度は、赤ちゃんへの授乳や、離乳食作りも待っています。

 

今から、妊娠、出産の予行練習と考えて、自分たちの食生活を見直してみるとよいですね。

 

不妊改善のための食生活

それでは、実際に、どのような点に注意すればよいのか、よくいわれるポイントを見ていきましょう。

 

@ ビタミンEを摂取しよう

不妊治療中は、ビタミンを積極的に摂取すると良いといわれます。

 

その中でも、特に、ビタミンEは、若返りのビタミンとして有名です。

 

その呼び名の通り、美容に効果的ということでもよく知られているのですが、生殖機能にも効果があるといわれています。

 

普段の生活では、なかなか摂取が難しいのですが、アーモンドなどにたくさん含まれています。

 

病院によっては、薬で処方してくれるケースもありますので、相談してみてもいいですね。

 

A ミネラル不足に要注意

日本人は、カルシウム不足、とよくいわれますが、それ以外のミネラルも、不足しがちなことが多いようです。

 

特に鉄分は、生理や妊娠でもたくさん必要になります。

 

また、亜鉛不足は、生殖機能の低下にもつながる可能性が、指摘されています。

 

B カフェインは男性不妊に

コーヒー好きの男性は多いかもしれませんが、1日に3杯以上飲む人は、特に注意が必要です。

 

実は、カフェインの取りすぎは、男性の生殖機能に影響を与えると考えられています。

 

意外と知られていませんが、緑茶やウーロン茶にも、カフェインが含まれていますので、気をつけましょうね。

 

C 砂糖の取りすぎはNG

疲れたときやストレスがたまったときなどには、ついつい甘いものに手が伸びてしまいますが、砂糖の取りすぎも、肥満や冷えといった不妊の原因につながります。

 

特に、炭酸飲料は、あっという間に角砂糖10個から20個分ほどの糖分を取っているともいわれています。

 

スポーツドリンクなどであっても、油断は禁物ですよ。

関連記事一覧


このページの先頭へ戻る