不妊の検査方法と詳しい内容 男性編

不妊の検査方法と詳しい内容 男性編

 

男性の不妊検査は、簡単な検査は産婦人科の不妊外来で受け、そこで問題が見つかった場合は、泌尿器科で精密検査を受けるという流れになることが多いです。

 

まずは、パートナーとともに、産婦人科を受診しましょう。

 

最近は、不妊専門のクリニックも増えてきていますので、妊婦さんたちと一緒の病院に抵抗がある男性は、そういった病院を利用するのもよいですね。

 

また、泌尿器科の中にも、まだ少数ですが、不妊専門の病院も見かけるようになってきました。

 

それでは、順に見ていきます。

 

@ 問診・血液検査

今までの既往症や、性病などについて、問診を受けます。

 

治療にとって重要な項目ばかりですので、包み隠さず申告しましょう。

 

血液検査を行うことも多いようです。

 

A 精液検査

産婦人科で行う男性側の検査の中心となります。

 

2日〜5日程度禁欲した後、精液を自分で採取し、提出します。

 

精液の量、精子の濃度、運動率、奇形率などについて、正常値を満たしているかどうか検査します。

 

精液は、環境の影響やその日の体調にも左右されやすいといわれていますので、繰り返し検査を受けることもよくあります。

 

B 精巣検査

精液検査等で問題があった場合、泌尿器科で精巣検査を受けることになります。

 

精巣の大きさや状態、精索静脈瘤の有無について、触診等を行います。

 

C 染色体検査・遺伝子検査

無精子症の場合などに行われます。

 

精子が形成されない原因が染色体や遺伝子異常にあるかどうかが分かります。

 

 

その他にも、内分泌検査、MRI検査、勃起能力を調べる検査なども、必要に応じて行われることとなります。

 

男女が協力して行う検査

男女双方の協力で行われる検査が、フーナーテスト(ヒューナーテスト)です。

 

これは、性交の後の精子の状態を調べるというものです。

 

数日間禁欲した後、医師の指示に従い、指定された日に性交を行い、女性が診察を受けます。

 

子宮口や子宮頸管の粘液を採取し調べることで、女性の側に、抗精子抗体が無いかどうかを知ることができます。

 

関連記事一覧


このページの先頭へ戻る