流産の危険性は可能性は15%、予防方法と対策

流産の危険性は15%、予防方法と対策

 

妊娠が成立するのは、奇跡的な確率であるということは、すでに見てきましたが、さらに、その赤ちゃんが、無事生まれてくるということも、必ずしも当たり前のことではありません。

 

実は、妊娠成立後も、流産してしまう可能性は15%ほどある、といわれているのです。

 

15%というと、100人に15人、すなわち、6、7人に1人の確率ですから、随分な割合になるということが分かります。

 

そもそも流産とは、妊娠22週未満のうちに、赤ちゃんが何らかの理由で死亡してしまったり、子宮から出されてしまったりし、妊娠が継続できない状態になることをいいます。

 

妊娠22週以降は、死産と呼ばれています。

 

流産には、切迫流産、進行流産、稽留流産というように、いくつかの種類があります。
この中で、進行流産は、すでに子宮口が開いてしまい、流産が進んでしまっていますが、切迫流産は、まだ赤ちゃんは生きている状態で、適切な処置をとれば、助けることもできるかもしれないという状態です。

 

また、稽留流産は、下腹部痛や出血といった自覚がないものの、すでに赤ちゃんは亡くなってしまっている状態を指します。

 

この三つは、どの場合でも、医師の指示に従う必要がありますので、早急に病院に相談することをおすすめします。

 

赤ちゃんの命を守りたい!流産の原因と予防法

それでは、このような流産は、何が原因で起きるものなのでしょうか。

 

また、効果的な予防法はあるのでしょうか。

 

早期流産の原因

まず、妊娠12週までに起こる早期流産の原因のほとんどは、赤ちゃんの側にあるといわれています。

 

胎児の持つ遺伝子に何か問題があるため、順調に成長を続けることができず、流産になってしまうというわけです。

 

この場合の流産は、母体の方では、残念ながら予防することができません。

 

切迫流産の場合

ただ、切迫流産の場合は、安静にすること、医師に処置をしてもらうことで、食い止められることもありますので、出血等があり、流産の心配があるときは、出来る限り安静にし、少しでも早く病院を訪れることが、一番の予防法かもしれませんね。

 

次に、妊娠12週以降に起こる後期流産や、流産を3回以上繰り返す習慣性流産の場合は、母体の側に問題を抱えているケースも多くみられます。

 

この場合は、不育症などを専門とする産婦人科を受診し、適切な治療をすれば、流産を予防することも可能となります。

関連記事一覧


このページの先頭へ戻る