妊娠高血圧症候群、悪化すると命のリスクも…

妊娠高血圧症候群、悪化すると命のリスクも…

 

妊娠高血圧症候群という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

 

マタニティ雑誌や、病院からもらう資料の中でも、妊娠中に最も気をつけなければいけない病気の一つとして、よくリストアップされていることと思います。

 

これは、以前は、妊娠中毒症と呼ばれていたもので、妊婦のうち、おおよそ20人に1人といった割合で発症するといわれています。

 

妊娠高血圧症候群が悪化すると、妊婦や胎児の命に直接かかわることになるため、大変恐ろしい病気だとされているのです。

 

妊娠32週、9ヵ月目以降、もう出産も目前に迫ったころに、発症することが多いといわれていますが、もしそれ以前にかかってしまうと、重症化する可能性が高くなります。

 

気になる診断基準ですが、血圧と尿の蛋白に注目します。

 

妊娠20週(6ヵ月)以降、分娩後12週までの間に、高血圧が見られる場合や、高血圧に蛋白尿を伴う場合などには、妊娠高血圧症候群を疑われることになるでしょう。

 

かつて、妊娠中毒症と呼ばれていた時代には、むくみもチェック項目とされていました。

 

もともと、妊娠中は、少し血圧が高くなるものですが、おおよそ、上(収縮期血圧)が140mmHg、下(拡張期血圧)が90mmHgを超えると、高血圧であると判断されるようです。

 

妊娠高血圧症候群の原因は?なりやすい人は?

それでは、妊娠高血圧症候群の原因は、何なのでしょか。

 

実は、これほど恐ろしいといわれているにもかかわらず、その原因はよくわかっていないのです。

 

母体の免疫機能が働き、赤ちゃんを異物とみなして攻撃してしまうとか、子宮の内部で圧力が変化するためであるとか、色々な原因が考えられています。

 

ただ、どのような人がなりやすいかについては、よくわかっています。

 

もともと、高血圧、糖尿病、腎臓の疾患を持っている人は、非常にリスクが高いといわれます。

 

また、35歳以上の初産婦や、多胎妊娠の人、今までの妊娠で妊娠高血圧症候群を経験した人は、特に気をつけなければなりません。

 

その他にも、妊娠前から肥満であった人や、妊娠中に大幅に体重が増えてしまった人も、要注意です。

 

妊婦健診では、毎回、体重を測定し、お医者さんや助産師さんから、食事のアドバイスや、体重の管理について、色々と説明を受けると思います。

 

それも、この妊娠高血圧症候群に対する予防という観点からのことですので、よく理解し、毎日の生活に気を配りましょうね。

 

また、妊娠中の喫煙も、高血圧を引き起こすといわれていますので、必ず禁煙するよう心がけましょう。

関連記事一覧


このページの先頭へ戻る