よくある妊娠の初期症状、思い当たったらすぐ病院へ

よくある妊娠の初期症状、思い当たったらすぐ病院へ

 

不妊治療をしているときや避妊に失敗したかも。というときは、とにかく、生理が来るのか来ないのかが、毎日気になりますよね。

 

妊娠しているかどうかは、生理の有無で判明することが多いのですが、妊娠の初期症状で、妊娠に気づいたという経産婦は、案外多いものです。

 

妊娠の初期症状とは、妊娠によりホルモンバランスが変化することや、子宮に変化が起きることなどによって生じる、体調の変化のことを指します。
通常は、生理予定日を1週間程度過ぎたころから出てくるのですが、中には生理予定日やその直前から、妊娠の超初期症状を感じたという経験談も数多く耳にします。

 

ただ、この妊娠初期症状は、人によって感じ方もバラバラで、なかなか医学的には説明しづらいものもあります。
また、妊娠の超初期に感じる症状は、生理前の不快な症状、月経前症候群(PMS)によく似ているものが多いため、見分けるのが非常に困難です。

 

けれども、少しでも早く妊娠に気づくことは、胎児や私たち女性のからだを守ることにつながります。
体験談や色々な情報を元に、よくある初期症状についてまとめてみましょう。

 

よくある妊娠初期症状

 

@ 出血

妊娠初期症状の中で、特に覚えておいてほしいのが、出血です。
というのも、出血があったから、生理が始まった、すなわち、妊娠していない、と勘違いしてしまう女性が多いからです。

 

特に、受精卵が子宮に着床する際に出血が起きる「着床出血」は、色のついたおりもの程度の人もいれば、かなりまとまった量が出る人もいます。
時期的にも、ちょうど生理予定日に近い頃になりますので、違いに気づかず、生理が来たと思ってしまうわけですね。

 

着床出血と生理の違いは、やはりその量です。
生理と異なり、着床出血は、ずっと出続けることはありません。

 

また、茶褐色ではなく、鮮やかなピンクに近い色で出ることも多いようです。

 

A 腹痛

これも、生理痛と間違えやすい妊娠初期症状の一つです。
生理痛との違いは、妊娠初期の腹痛は、子宮が大きくなろうとすることによる痛みであるため、下腹部がチクチクと痛むように感じる場合が多いということです。
とはいうものの、生理痛や生理前の痛みと同じだったという経験談も少なくないようです。

 

B においに敏感になる、好みの変化

医学的な理由はわかりませんが、突然においに敏感になったり、今まで好きだった味が苦手になったり、ということも、妊娠初期にはよくあります。
つわりの先駆けといったところなのでしょうか。

 

C 眠くなる、不眠

これも、理由は定かではありませんが、睡眠のリズムが狂ったという話も、非常によく聞きます。
寝ても寝ても眠たい、といったケースや、逆に、悪夢にうなされて、寝不足になってしまった、というケースもあるようです。

関連記事一覧


このページの先頭へ戻る