妊娠前に受けておきたい検査、健康面の疾患チェック

妊娠前に受けておきたい検査、健康面の疾患チェック

 

「赤ちゃんが欲しい」と思ったら、あなたは、何をしますか?

 

結婚や入籍、仕事の段取り…、色々ありますが、何をおいても、まずは健康診断を受けることが一番です。
現在の自分のからだが、健康面で妊娠に耐えられるかどうかを把握し、疾患の有無を知っておかなければならないからです。

 

専業主婦や無職の人で、通常の健康診断を受けていない人は、もちろんのこと、会社や勤め先で年に一度は健康診断が行われているという人も、婦人科での検査は、受けていないという人も多いのではないでしょうか。

 

子宮や卵巣に病気を抱えていることを知らずに妊娠してしまっては、場合によっては、せっかく宿った大切な命をあきらめなければならない可能性もあります。

 

また、自分自身のからだが危険にさらされることも少なくありません。
子宮がん検診や乳がん検診は、年齢により、国や自治体から補助が受けられる制度もあります。

 

最近は、ブライダルチェックといわれる健康診断を実施する病院も、よく耳にするようになりました。
これは、子宮がん検診や乳がん検診に加え、おりものの検査、超音波による子宮や卵巣の状態のチェック、性感染症にかかっていないかどうかなど、妊娠を考える女性にとって、大切な検査をまとめて受けることができるものです。

 

検査の項目は、病院によって異なりますが、ぜひ、妊娠前に調べておくことをおすすめします。

 

持病の治療や予防接種も忘れずに

椎間板ヘルニアや糖尿病などの持病がある人や、ぜんそく、心の病気などで、投薬治療を受けている人は、妊娠の時期について、かかりつけ医と相談する必要があるでしょう。

 

高血圧や低血圧、貧血などの場合も、妊娠中は重症化する恐れがあります。
花粉症や痔、虫歯など、命にかかわるような病気ではなくても、妊娠中に悪化すると非常に厄介です。

 

妊娠前のこの機会に、自分のからだを総点検してみてくださいね。

 

また、最近、流行している風疹の抗体が無い人は、妊娠前に、必ず予防接種を済ませておかなければなりません。
ニュースでも、先天性風疹症候群という言葉を聞いたことがあると思います。

 

万が一、妊娠中に風疹に罹ってしまうと、非常に高い確率で胎児に影響が出てしまうのです。
予防接種後は、数か月の間、避妊しなければなりませんので、出来るだけ早い時期に接種を済ませておきましょう。

関連記事一覧


このページの先頭へ戻る